-弟子としての教訓(24)دروسفيالتلمذة-

LID#24 –聖書の解釈:解釈学の原則

          これは、新しい信者がクリスチャンの信仰で確立されるのを助けるように設計されたシリーズである、弟子のレッスンにあなたを歓迎するエド・ホスキンズ博士です。 今日のプレゼンテーションは、聖書の解釈:解釈学の原則に関するものです。 まず、私自身について少しお話ししましょう。 私は、家庭医学と学生の健康に34年を費やした引退した医師です。 私は50年前にクリスチャンになり、信仰の早い段階で、キリストを知り、キリストを知らせることを目標とする非宗派の国際的なクリスチャン組織であるナビゲーターに助けられました。 私は1980年以来、その組織の準スタッフを務めています。弟子としての教訓は、その間にナビゲーターの指導の下で聖書から学んだことをまとめたものです。 私が学んだことを今あなたに伝えます。 今日のセッションは聖書の解釈:解釈学の原則です。

          解釈学は、古代のテキスト、通常は聖書や文学のテキストを解釈して、それらが実際に何を意味するのかを知ることを扱う知識の分野です。 解釈学の聖書的根拠は何ですか?

「恥ずかしがる必要がなく、真理の言葉を正しく扱う職人として、承認された者として神に自分自身を提示するために最善を尽くしてください。」 (IIテモテ2:15)

「すべての聖書は神の息吹であり、教え、叱責、矯正、義の訓練に役立ちます。」 (IIテモテ3:16)

このプレゼンテーションの資料の多くは、ウォルト・ヘンドリクソンとゲイル・ジャクソンの本(聖書の研究、解釈、適用– Zondervan 1990)からのものです。 彼らの本の144ページから、「私たちはまた、特定のことを想定しなければなりません。 まず、聖書は権威があります。 第二に、聖書には独自の解釈の法則が含まれており、適切に理解して適用すると、与えられた箇所に正しい意味がもたらされます。 第三に、解釈の主な目的は、著者の意味を発見することです。 第四に、言語は精神的な真実を伝えることができます。」 解釈学に関する彼らの原則を以下に要約しました。 また、私は長年この素材を個人的に使用してきました。 私はそれがかけがえのないものだと思います。

原則#1 —聖書は権威があります。 これは上記の第二テモテ3:16からすでに見ました。 神は40年以上にわたって約1500人の著者を使って聖書を書きました。 すべての執筆は、聖霊の直接のインスピレーションと制御の下にありました。 理由と伝統または教会の歴史は、このトップの座を争おうとします。 しかし、最終的には、クリスチャンとして、私たちは神の言葉である聖書の権威に服従することを選びます。

原則#2 –聖書はそれ自体を解釈します。 例を挙げましょう。 イザヤの第7章14節から、「処女は子供と共にいる…」と書かれていますが、これはメシア、イエスの到来に関する聖書の最初の預言の23つです。 ヘブライ語の「処女」は、「性行為をしたことがない女性」または単に「若い女性」のいずれかを意味します。 どの意味が正しいかをどうやって知るのですか? 答えは、聖書はそれ自体を解釈しているということです。 マタイの福音書の最初の章の7節には、メアリーに関するギリシャ語の同じ言葉があります(イザヤ14:XNUMXの同じ引用を参照してください)。 ギリシャ語では意味が明確であり、「処女」にはXNUMXつの意味しかありません。 性的に活発なことは一度もない女性です。 このように、聖書は私たちの質問に対する答えを教えてくれます。

原則3–聖書を正しく解釈するには、信仰と聖霊を救うことが必要です。 聖書の真の理解は、聖霊の光から来ています。

原則4–聖書に照らして経験と教会史を解釈し、その逆はありません。 繰り返しますが、焦点は、私たちが考えたり感じたりすることや、私たちの現在の人生経験に基づいていることではなく、聖書が言っていることにあります。

原則5–聖書の例は、コマンドによってサポートされていない限り、信頼できるものではありません。 たとえば、私たちが真似することを期待されていない、イエスがしたことはたくさんあります。 イエスは決して結婚しませんでした。 イエスはロバ以外のものを旅したことはありません。 私たちの知る限り、それは私たちがすべてのイエスの模範に従わなければならないという意味ではありません。 さらに、イエスは、ユダヤ人が行ったように、土曜日に安息日を祝いました。 今日、ほとんどのクリスチャンは日曜日に祝います。 これらのどれも霊的に命じられていません。 それは神から私たちに与えられた選択です。

原則#6 –聖書の主な目的は、私たちの知識を増やすことではなく、私たちの生活を変えることです。 心の知識に移行せずに頭の知識を蓄積することには常に大きな危険があります。 「知識は膨らみますが、愛は蓄積されます。」 (コリント人への第一の手紙第8章1節)

原則#7 –聖書の解釈は、明らかに比喩的に解釈されることを意図していない限り、文字通りに解釈されるべきです。 言い換えれば、文脈によって別段の指示がない限り、各節の最も単純で最も単純な意味は正しいと見なされるべきです。

原則#8 –聖書は、著者の歴史的および文化的文脈に照らして解釈されなければなりません。 聖書が何を言っているかを理解する上で、私たちは常に、彼らが書いているときに原作者の心に何があったのかを理解したいと思っています。

原則#9 –たとえ話にはXNUMXつの主要な意図された意味があります。 たとえ話の引き金を特定することは、目的を特定するのに役立ちます。 言い換えれば、それがイエスによって話された原因は、しばしばたとえ話の意味を生じさせます。

ルカ15章にあるイエスのXNUMXつのたとえ話すべての意味は、当時の敵対的なパリサイ人の群衆とのイエスの相互作用によって明らかにされています。

原則#10 –創世記や第二の王など、聖書のさまざまな部分が歴史的です。 聖書の他の部分は、詩篇、箴言、伝道の書、雅歌などの知恵文学であることが知られています。 そして、聖書の他のいくつかの部分は、イザヤ、エレミヤ、エゼキエル、啓示のように明らかに予言的です。 各経典が表す文学の種類は、しばしばその文脈における元の意味への鍵を与えます。

原則#11 –聖書全体が統一されたテーマを持つ単一のユニットにまとめられています。 言い換えれば、すべてのものを新しくし、苦しんでいる僕となり、人類を神に認め、和解させるために、ナザレのイエスの形で来ると約束されたメシアの王がいます。 聖書の他のすべての部分は、この中心的なテーマの味を帯びています。

原則#12 –聖書の教義は、それが評議会全体と聖書における神の教えと一致している場合にのみ権威があります。

ここでも、統一された聖書のテーマの概念を使用しています。

最後に、原則#13 –三位一体または自由意志と神の主権またはキリストの神と人間性のようなもののように、XNUMXつの聖書の教義が矛盾しているように見える場合、どのようにそれらのトピックを調整しますか? クリスチャンとして、私たちは彼らが最終的にはより高い一致に解決されるという知識を持って両方を受け入れます。 この張力は、テントのコードと同じように、テント全体を正しくしっかりと立てることができます。

さて、この簡単なプレゼンテーションから学んだことを要約しましょう。 正しい聖書の解釈の原則があります。

この科学は解釈学と呼ばれています。 聖書が実際に何を意味するのかを知り、理解するのに役立ちます。 それは私たちが教義上の誤りを犯すことを防ぎます。 最終的に、解釈学は、権威ある心、つまり神の心によって書かれている聖書の礎石にまでさかのぼります。 私たちは、聖書は元の言語では不正確であり、私たちのすべての人生と精神的な必要性に十分であると信じています。 聖書解釈学に注意を払うことで、カルツ、異端、教義上の誤りに不必要に魅了されるのを防ぐことができます。

さて、それは今日のプレゼンテーションを締めくくります。 次回、私たちのトピックがカルトを特定する方法であるときに、弟子としてのレッスンのレッスン25をカバーするときにお会いしましょう。 参加していただきありがとうございます。 次回まで、イエスに従い続けてください。 彼はそれだけの価値があります!

最近のレッスン