-弟子としての教訓(6)دروسفيالتلمذة-

LID#6 –橋のイラスト

          これはエド・ホスキンズ博士です。新しい信者がクリスチャンの信仰を確立するのを助けるために設計されたシリーズ、弟子のレッスンにあなたを歓迎します。 今日のセッションは、福音を分かち合うパートII –橋のイラストです。

まず、私自身について少しお話ししましょう。 私は引退した医師です。 私は34年間家庭医学と学生の健康に従事しました。 私は50年前にクリスチャンになり、クリスチャンの信仰の早い段階で、「キリストを知り、彼を知らせる」ことを目標とする国際的な非宗派のクリスチャン組織であるナビゲーターと呼ばれるグループに助けられました。 私は1980年以来、その組織の準スタッフを務めています。弟子としての教訓は、その間に学んだことをまとめたものです。 私が学んだことを今あなたに伝えます。

今日のセッションは、福音を分かち合うパートII –橋のイラストです。 先週、私たちは情報の観点からイエスの王国の福音を見ました。 これがそのセッションの簡単なレビューです。 そのセッションで、福音には口頭での布告と王国の力の証明の両方が含まれていることがわかりました。 福音は全世界に行くことを目的としています。 福音は悪霊の反対と闘争を経験します。 福音は単なる罪の管理計画や天国への切符ではないことがわかりました。 福音は本質的に霊的かつ社会的です。 また、キリストの王国の福音はXNUMXつの部分からなることがわかりました。 これらのXNUMXつの部分は次のとおりです。

約束されたメシアの王は、ナザレのイエスの人として来られました。 第二に、イエスは良いたよりを宣べ伝え、すべてを新しくするために来られました。 第三に、イエスは神の苦しみの僕として十字架で死に、XNUMX日後に墓からよみがえられました。 第四に、イエスの王国への入場は開かれた招待ですが、それでも信念、従順、忠誠が必要です。

次に、実用的な刈り取りツールである橋のイラストを調べます。 他の人が福音の計画を理解するのに役立ちます。 また、他の人が望むなら、キリストに従うという決断を下す方法も示しています。

私は通常、質問から始めます。 「あなたがどのように神との関係を持つことができるかについての簡単な説明をあなたと共有できますか?」 彼らが同意するなら、私はそれから次のような声明を出します、

「聖書によれば、神は彼と完全な関係を持つために人類を創造されました。」 時々私はナプキンの誰かのためにこれを引き出します。 多くの場合、私たちはレストランのブースに座って一緒に話しているだけです。

私は、罪によって隔てられた、一方の側に人類を、もう一方の側に神を描きます。 「しかし、アダムをはじめとしてこれまで生きてきたすべての人は罪を犯し、神とは別の人生を送ることを選択しました。」 罪は神の律法に従わないことです。 「あなたはどうですか?」と私は尋ねます。 ローマ人への手紙第3章23節は、「すべての人が罪を犯し、神の栄光に満たない」と述べています。

「この罪の選択には、私と地球上のすべての人間が含まれます。 それは私たちと聖なる神との間に恒久的な隔たりを作りました。 残念ながら、この罪はまた別の影響を及ぼしました。それは私たちの肉体的および精神的な死です。」 ローマ人への手紙第6章23節は、「罪の報いは死ですが、神の賜物は私たちの主キリスト・イエスの永遠のいのちです」と述べています。 ナプキンを描くと進行がわかります。

「しかし、それだけが悪いニュースではありません。 私たちが神から離れたために死んだ後、私たちは今、神の裁きに直面しなければなりません。」 ヘブル人への手紙第9章27節は、「人が一度死ぬ運命にあり、その後、裁きに直面する運命にあるように…」と述べています。 私たちには罪、死、裁きが直面しています。」

「私の人生の最初の18年間、私自身も含めて、多くの人々がこのギャップを自分たちで神に埋めようとしています。 彼らは、良い人になるか、良い仕事をすることによってこれを行うことができると考えています。 彼らは成功するでしょうか? 聖書が言っていることを見てみましょう。」 エペソ2:8-9は、「それは、信仰によって救われた恵みによるものであり、これはあなた自身からではなく、神の賜物であり、働きによってではなく、だれも自慢できないからです」と述べています。

通常、その人は、良い仕事では誰かが神にたどり着くのに十分な人になることはできないと私に言います。 私は良い仕事をしようとして大きなXを描きます。

「神だけがこの無限のギャップに介入して埋めることができました。 イエスは十字架で亡くなりました。 彼の死は私の罪の代価を払った。」 イエスは言われた、「わたしの言葉を聞いて、わたしを遣わした者は永遠のいのちを持っており、非難されることはないと信じる者。 彼は死から生へと渡りました。」

ローマ人への手紙第5章8節は、「しかし、神は私たちに対する彼自身の愛を示しています。私たちがまだ罪人であった間に、キリストは私たちのために死なれたのです」。 ペテロ第一3:18は、次のように述べています。 彼は死体にされましたが、精神によって生き返りました。」 これは本当にうまくまとめられていると思います。

まあ、これは本当に良いニュースです。 イエスは、肉の神として、私の罪の代償として十字架で死にました。 「大きな問題は、今この絵のどこにいるのかということです。 あなたはまだ人類の罪と反逆の側にいて、神から離れて、神に近づこうと望んでいますか? それとも、息子のイエスがあなたの罪の代償として十字架で亡くなり、平和と許しをもって生き、豊かな人生を送ったときに神があなたに与えられた賜物を受け入れたのは、神の側ですか?」

多分この人は不確かです。 おそらく彼らは彼らが真ん中にいると思います。 「間違いなく、あなたが神の側にいることを知りたいですか? 今すぐ祈って、簡単な祈りを使って神に尋ねることができます。」 あなたの祈りは次のようになります。「親愛なるイエス様、私は罪人であることを知っています。あなたに許してください。 私が罪から洗い流されるために、あなたが十字架で死んだことを私は知っています。 ありがとうございました。 私はあなたを私の人生の主にしたいのです。私はあなたを信頼し、あなたに従います。 私が持っているものはすべてあなたのものになりました。 主イエス様、あなたの名前でこれをお願いします。 アーメン。"

「もしあなたが誠実に祈りを捧げていたら、神の言葉の保証に基づいて、あなたは今や永久に神の側にいます。それは決して変わらないでしょう。」 ヨハネによる福音書第5章11-12節には、次のように書かれています。 息子を持っている人には命があります。 神の子を持たない者には命がありません。」

この短いセッションで学んだことを要約しましょう。 橋のイラストは、弟子の道具箱に保管するための単なる刈り取り道具です。 誰かがすでに聖書をいくらか読んで、福音の詳細について他の信者と交流する機会があったときに、それは最も役に立ちます。

補足として、時間が限られている場合、この橋のイラストは、ローマ人への手紙第6章23節を使用して、他の人と共有することができます。主。" 残りのイラストを描きながら、私はその一節の橋のイラストを何年にもわたって人々と何度も使用してきました。

さて、次回は、福音を分かち合うパートIII –質問をすることと物語を語ることについて取り上げるときに、弟子としてのレッスンでお会いしましょう。

今日の弟子のレッスンのセッションはこれで終わりです。 参加していただきありがとうございます。 次回まで、イエスに従い続けてください。 彼はそれだけの価値があります。

最近のレッスン