-弟子としての教訓(5)دروسفيالتلمذة-

LID#5-福音パートI-神の王国の福音

          これは、新しい信者がクリスチャンの信仰で確立されるのを助けるように設計されたシリーズである、弟子のレッスンにあなたを歓迎するエド・ホスキンズ博士です。 今日のレッスンは福音を分かち合うパートI–神の王国の福音とは何ですか? まず、私自身について少しお話ししましょう。 私は引退した医師です。 私は34年間家庭医学と学生の健康に携わっていましたが、50年前にクリスチャンになりました。 私はクリスチャンの信仰の早い段階で、「キリストを知り、彼を知らせる」ことを目標とする無宗派の国際的なクリスチャン組織であるナビゲーターに助けられました。 私は1980年以来、その組織の準スタッフを務めています。弟子としての教訓は、その間に学んだことをまとめたものです。 そして私が学んだことを今あなたに伝えます。

今日のセッションのトピックは「神の国の福音とは何ですか」です。 この質問に対する最も基本的な答えは次のとおりです。 神の国の福音は、聖書の物語を完成させる預言されたメシアの王の物語です。 それは創世記からマラキそして新約聖書に行きます。 それは彼の生と死と復活でナザレのイエスで最高潮に達します。 福音の土台となる石を調べてみましょう。

「神の国の福音」という表現が使われるのは4回あります。すべてマタイの福音書にあります。 最初の一節はマタイ23:9にあります。 「イエスはガリラヤ中を行き、会堂で教え、王国の良いたよりを宣べ伝え、人々のあらゆる病気や病気を癒しました。」 35番目の使用法はマタイXNUMX:XNUMXにあります。 「イエスはすべての町や村を行き来し、会堂で教え、王国の良いたよりを宣べ伝え、あらゆる病気や病気を癒しました。」

これら二つの例から、神の国の福音には言葉による宣言と肉体的な癒しが含まれていることがわかります。 福音はまた世界中で宣言されるでしょう。 マタイによる福音書第24章14節で、イエスは、「そして、この王国の福音は、すべての国々への証として全世界で宣べ伝えられ、それから終わりが来る」と言われました。

では、福音の中心的なテーマは何ですか? それはキリストの栄光と美しさ、神の像です。 コリント人への第二の手紙第4章4節で、使徒パウロはそれを「神のかたちであるキリストの栄光の福音の光」と表現しています。 私たちのほとんどはすでに福音の基本的な事実を知っています。 これらはパウロによってコリント人への第一の手紙第15章3-5節に要約されています。聖書によると三日目、そして彼はペテロに現れ、それから十二日に現れた。 その後、彼は同時にXNUMX人以上の兄弟に現れました。」 しかし、神の国の福音は、これらの基本的な事実だけではありません。

第一に、福音には救いと信仰による義認が含まれます。 ローマ人への手紙第1章16-17節で、パウロは次のように書いています。 福音の中で、神からの義が明らかにされ、「義人は信仰によって生きる」と書かれているように、最初から最後まで信仰による義が明らかにされているからです。

福音に反対はありますか? 絶対。 エペソ人への手紙第6章11-12節で、私たちは次のように学びます。 私たちの闘いは肉と血に対してではなく、支配者に対して、当局に対して、この暗い世界の力に対して、そして天国の悪の霊的な力に対してです。」

しかし、福音を調べるすべての場合、還元主義的思考に注意し、それを単純化しすぎなければなりません。 福音は、私たちの罪の問題を管理するための単なる救いの計画ですか? それとも、それは天国への単なるチケットですか? 安い恵みの別の言い訳はどうですか? まあ、永遠の基礎から、イエスと彼の王国は最終的に信仰と永遠の救いによる義認を含みます。 しかし、それだけではありません。 イエスはマタイ6:10で、「あなたの王国が来て、あなたは天国のように地上で行われる」と祈りました。 福音がどこに行っても、社会は少なくとも部分的に変化しました。それがイギリスであり、ウィリアム・ウィルバーフォースによる奴隷制の廃止であろうと、ジョージ・ミュラーによる孤児の家の建設であろうと。 世界の多くの地域で、病院と教育機関は宣教師とキリスト教組織によって設立されました。

何年にもわたって、私は福音を40つの部分で考えるようになりました。 最初に、ナザレのイエスの形でやって来た約束されたメシアの王がいました。 イザヤ3:1には、次のように書かれています。 荒野でまっすぐに私たちの神のための高速道路を作ってください。」 これがマタイ20:21-XNUMXでイエスの誕生とともに実を結ぶのを見ました。「主の天使が夢の中で彼に現れて言った、 『ダビデの子ヨセフ、恐れずにメアリーをあなたの家に連れて帰ってください。なぜなら、彼女の中で考えられているのは聖霊からのものだからです。 彼女は息子を産むでしょう、そしてあなたは彼にイエスという名前を付けなければなりません、なぜなら彼は彼の民を彼らの罪から救うからです。ナザレのイエスの形で。

私たちの4部構成の福音書の第16部では、メシアの王が良いたよりを宣べ伝え、すべてを新しくするためにやって来ました。 ルカ19:21-5には、イエスの宣教の始まりについて書かれています。「彼は育てられたナザレに行き、安息日に彼の習慣と同じように会堂に入った。 そして彼は立ち上がって読んだ。 預言者イザヤの巻物が彼に手渡されました。 それを広げて、彼はそれが書かれている場所を見つけました。彼は貧しい人々に良いたよりを宣べ伝えるように私に油を注がれたので、主の霊が私にあります。 彼は私を、囚人のための自由と視覚障害者のための視力の回復を宣言し、抑圧された者を解放し、主の恵みの年を宣言するために送ってくださいました。

私たちの53部構成の福音書の第4部では、このメシア王は神の「苦しんでいる僕」としてやって来るでしょう。 これらの苦しんでいる僕の箇所の中で最も有名なものの5つは、イザヤXNUMX:XNUMX-XNUMXから来ています。 しかし、彼は私たちの罪のために突き刺され、私たちの不法行為のために押しつぶされました。 私たちに平和をもたらした罰は彼にあり、彼の傷によって私たちは癒されました。」 ナザレのイエス、苦しんでいる僕は十字架で死に、XNUMX日後に死からよみがえられました。

第3部では、メシアの王国への入場は招待によるものであり、私たちからの出欠確認のみが必要です。 それには、信念、従順、そしてそうです、彼の王権への忠誠についての私たちからの応答が必要です。 ヨハネによる福音書第16章14節で、神は「彼の唯一の息子を与えられました。彼を信じる者は誰でも滅びることなく、永遠の命を得るでしょう」と書かれています。 これには従順の対応が必要です。 ヨハネによる福音書第21章10節には、「わたしの命令を持っていて、それに従う者はだれでも、わたしを愛している人です」と書かれています。 これにはすべて忠誠心が含まれます。 ローマ人への手紙第9章XNUMX節で、「あなたが口で 『主としてのイエス』を告白し、神が彼を死からよみがえらせたとあなたの心を信じるなら、あなたは救われる」と書かれています。

さて、神の国の福音についてのこの短いプレゼンテーションで私たちが学んだことを要約しましょう。 福音には、社会が少なくとも部分的に変容する王国の力の口頭での宣言とデモが含まれます。 第二に、福音を宣べ伝えることは反対を伴います。 神の王国に入るには、世俗的で悪魔的な反対があります。 第三に、福音は単なる罪の管理計画ではありません。 それはただの天国への切符ではなく、地獄から逃れるための単なる火災保険でもありません。 第四に、神の国の福音には、キリストへの信仰、従順、忠誠が必要です。

次回、弟子としてのレッスンの別のセッションで、福音を分かち合うためのXNUMX番目のパートである橋のイラストについてお会いしましょう。 さて、それは今日のプレゼンテーションを締めくくります。 ご参加いただきありがとうございます。 次回まで、イエスに従い続けてください。 彼はそれだけの価値があります。

最近のレッスン